• ホーム
  • ひどいニキビに悩む方に朗報!?低用量ピル「ジネット35」でニキビが改善

ひどいニキビに悩む方に朗報!?低用量ピル「ジネット35」でニキビが改善

微笑む女性

ジネット35は低用量ピルの一種で、アジア人向けに開発されたのが特徴です。西欧諸国での利用者が多いピルは、体格の良い白人を基準にして作られているため、小柄なアジア人にとっては含まれている成分量がやや多いというデメリットがありました。その点を改良された作りになっているので、安心して服用することができます。

ジネット35は、他のピル同様、排卵を抑制する効果があるので経口避妊薬として多くの女性に愛用されています。また、同時に皮膚症状に悩む人にも効果があるピルで、ニキビに悩む方におすすめできる薬です。ジネット35は含まれている女性ホルモンの量が生理周期を通して一定になっている一相性のピル。そのため、生理周期によるホルモン量の変化が安定しており、ホルモンバランスの乱れを改善できます。

ニキビができる原因は過剰な皮脂分泌によるものがほとんど。ジネット35はニキビの原因となる黄体ホルモン量の過剰分泌を予防します。プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンは、皮脂の分泌を促進する作用があり、バランスが乱れると皮脂分泌量が多過ぎる状態になります。

女性ホルモンは外的要因の影響を受けやすいのが特徴で、些細な環境の変化やストレス、睡眠不足などによって簡単にバランスが崩れてしまいます。そのため、女性ホルモンのバランスが乱れやすい女性は肌の調子も不安定になりやすく、生理前にはニキビができるなどの肌荒れを起こすことがあります。どの女性でも生理前には肌の状態が不安定になりやすいものですが、深刻な肌トラブルを抱えるようになると生理周期に関係なく常にニキビができやすくなり、生理前には炎症が悪化するなどの問題を抱える人もいます。

ニキビが悪化し肌の状態が悪くなると外用薬を使うだけでは治療が困難になるので、ピルを使って体の内側から治療をするのが効果的です。ジネット35を服用して、すぐに肌荒れが改善するわけではありませんが1ヶ月ほど飲み続けていれば、確実に肌の状態に変化が訪れます。28日間の生理周期が一巡する頃には、炎症がおさまり肌トラブルを改善させることができるでしょう。

重症のニキビがある人は1ヶ月で完全に治すことが難しかったとしても、3か月ほど服用を続ければ、ほとんどの人がこの悩みから解放されます。塗り薬のように面倒な手間がかかることもなく、ピルなら1日に1錠を服用するだけ。生理周期が安定し、ニキビまで治るのだから試してみる価値はあるでしょう。