自分一人ではありません

闇金と戦う市民団体があるのでしょうか
闇金は社会問題だと考える弁護士を中心にした市民団体が全国にいくつかあります。しかし相談件数が莫大なため、すべてに対応することはできないのが現状です。そのため、多くの場合は自分で闇金と交渉をすることを勧められます。ただし知識がないとできないので、交渉時の態度やコツを教えてもらうのです。闇金も違法営業をしているため、預金を凍結されたり、警察に逮捕されることを警戒しています。そのような弱みに付け込んで被害者側から闇金を脅すことが大切なのです。もっとも、闇金側も簡単には引き下がらず、恫喝をしたり、嫌がらせをエスカレートさせます。しかしこれらの行為は、闇金の最後のあがきでもあるので、負けずに脅しを続けることが大切なのです。基本的に自分で闇金と対応することが必要になるのですが、サポートはしっかりしてくれますし、大切な場面では市民団体の弁護士などが同席してくれることもあります。自分一人で戦っているわけではないと意識することが大切です。
しかし本当に自分一人で戦えるものでしょうか。
闇金は違法営業なので弱みがあります。通常その弱みを知らないので闇金の言いなりになってしまいます。普通の相手ではありませんし、法律など自分たちには関係ないと強がる相手もいます。しかし法律の適用を受けない闇金はいませんから、決して負けないという態度で対処すれば、闇金も戦い続けることができなくなります。市民団体の方々は、自分たちのサポートで闇金と戦ってきた経験があります。その経験を生かすことで自分一人でも闇金と戦うことができるのです。闇金と対応するのは自分一人であっても、自分の後には豊富な経験を持っている応援団がいるのです。
お金が無いなら借金と付き合うのも1つの方法

 Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です